パソコン作業は1日2~3時間。楽天アフィリエイトはそれでも成果が出ました!忙しい主婦にも最適です。

ワードプレス投稿画面を旧バージョンに戻す方法【WordPress5.0以前のエディターに戻したい!】

ワードプレス投稿画面を前に戻すWordPress

WordPress 5.0に更新しました。

「投稿画面が使いにくくなってしまったので、以前のヴァージョンに戻したい…」と思いましたが、WordPressをバージョンダウンするのが少しややこしそうなので、投稿エディターだけ以前のバージョンに戻すプラグインをご紹介します。

プラグイン【Classic Editor】で簡単に戻せました。

 

WordPress 5.0 の投稿画面が使いにくかった…

新しいバージョンに更新できますとの通知があったので、さっそく更新してみると…

 

投稿エディターが全く別物になっていました。

投稿画面を戻す方法

慣れればよいのでしょうけれど、ちょっと面倒に思えたので、WordPressのヴァージョンダウンができないか調べてみました。

できるのですが、ファイルをいじる必要があり少し怖さを感じましたので、もっと簡単に投稿画面だけ元に戻せる方法を探しました。

 

プラグイン【Classic Editor】をインストール

投稿画面を旧バージョンに戻すため【Classic Editor】をインストールします。

投稿画面を旧バージョンに戻す

①ワードプレスの左メニュー「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

②検索窓に「Classic Editor」と入力。

③「今すぐインストール」⇒「有効化」します。

 

これで完了です。投稿画面を見てみましょう。

投稿画面を旧バージョンに戻す

 

旧エディター(クラシックエディター)に戻っています。

 

プラグイン【Classic Editor】について

ワードプレスのプ公式ページによると

Classic Editor は WordPress の公式なプラグインで、少なくとも2022年まではサポートされます。

以上の記述があります。2022年まではサポートがあるようなのですが、いずれにせよ早めに新しいエディターに慣れた方よさそうですね。

 

プラグイン【Classic Editor】はクラシックエディター(旧バージョン)とブロックエディター(新バージョン)切り替えもできます。

左メニューの「設定」⇒「投稿設定」からクラシックエディターとブロックエディターの切り替えが可能です。

Classic Editorで投稿画面の切り替え

 

また、ワードプレスのプ公式ページによると

WordPress 5.0 以降、ダウンロード版日本語版パッケージに WP Multibyte Patch プラグインは含まれなくなります。

とのことです。

 

なので、このプラグインもインストールしておく方がよさそうですね。さっそくインストールしましょう。

 

【Classic Editor】をインストールしたのと同じ手順で検索窓に「WP Multibyte Patch」と入力し、「今すぐインストール」⇒「有効化」します。

WP Multibyte Patchをインストールする

 

ひとまずはこれで安心できそうです。

 

新エディターGutenberg block editor(グーテンベルク ブロックエディター)を知るには…

新エディター (ブロックエディター)はワードプレスの公式ページで使い方などが解説されています。

⇒新エディター(ブロックエディター)を知る

新エディターのサポート画面

 

いろいろと目新しい感じですが、少しずつ慣れていきたいと思います!

「ワードプレスの投稿画面を旧バージョンに戻す方法」をご紹介しました。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました